So-net無料ブログ作成
検索選択

もちょっとでインテル決算 きのーはサムスン決算 お経はラップ [かぶ]

インテルの決算にお経[音楽]は何の関連性もありません。[あせあせ(飛び散る汗)]
ただなんとなく…。[パンチ]
お経はラップと聞けば意味不明で何のこと?と思いますが、お釈迦様の日常を歌ったものがお経だそうです。
今で言うところのラップに近いらしいんですね。韻踏んでるし。





インテル決算もうすぐですねー。13日かな?結構重要視されてますね。

昨日サムスン決算でした。

東京 7日 ロイター] 世界の先陣を切って韓国のサムスン電子<005930.KS>が発表した第2・四半期(4─6月)の営業利益見通しは5兆ウォン(約3600億円)と市場予想を上回り過去最高となったが、他のハイテク企業への業績期待が強まってはいない。下期以降の業績に不安があることから設備投資期待が強まらないほか、ユーロ安や欧州需要減退への懸念がくすぶっていることも影響している。

 <設備投資はピークアウトとの見方>

 サムスンの業績が好調な場合、波及を期待されるのが日本の半導体製造装置メーカーだ。サムスンは5月、2010年の設備投資を従来計画の2倍となる過去最高の18兆ウォン(約1兆2950億円)に引き上げる方針を示した。業績好調であればさらに設備投資拡大と期待してもよさそうだが、市場では「サムスンの設備投資はピークアウトしたのではないか」(国内投信ファンドマネージャー)との声が多い。

 背景には、サムスンの下期見通しが厳しいことがある。1つはスマートフォン(多機能携帯電話)事業のつまづきだ。アップルに対抗し「ギャラクシーS」を全世界で発売したが、製品発売が遅れたことで「iPhone(アイフォーン)」に大きく水をあけられ、市場シェア拡大のためのマーケティング費用がかさんでいる。

 DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)価格の市況も軟化する見通しで、CLSAではサムスンのDRAMの平均販売価格が第3・四半期に10%、第4・四半期に20%下落すると予想している。

 日立国際電気<6756.T>は、半導体ウェハー上に酸化膜などを形成するサーマルプロセス装置を作っており、2010年3月期実績では装置売上高273億円のうち、42%が韓国向け。サムスン電子との関係も深いとみられている。半期ベースで装置売上高をみると、09年3月期上期から231億円、86億円、82億円、191億円と金融危機を経てV字回復してきた。だが、11年3月期予想では上期220億円、下期230億円と伸びが鈍化すると予想している。

 同じく半導体製造装置を手掛ける東京エレクトロン<8035.T>やニコン<7731.T>、アルバック<6728.T>、検査装置のアドバンテスト<6857.T>など関連銘柄の株価は7日の東京市場で軒並み下落した。全体の相場地合いが軟弱だったこともあるが「サムスン決算の波及効果はほとんどみられなかった」(前出のファンドマネージャー)という。

 <欧州への懸念は日本企業も同じ>

 「米半導体大手インテルの決算発表を12日に控えており、それを待ちたい」(証券ジャパン・調査情報部長の大谷正之氏)との声もある。5月の世界半導体売上高は前年同月比47.6%増の247億ドルとなった。パソコン(PC)や携帯電話端末などの好調な販売が寄与しており、新興国需要が下期を支えるとの期待も出ている。  しかし、現時点では欧州需要減退への懸念が期待を相殺している状態だ。サムスンのテレビおよび携帯電話の販売は、欧州が30─40%を占めているとみられており、影響が大きい。大信証券のアナリスト、ベンジャミン・バン氏は、サムスンの第2・四半期決算見通しについて「非常に強い内容であり、市場予想も小幅に上回った。しかし、欧州の(債務)問題を考えると、第3・四半期の見通しについては、私は若干の懸念を抱いている。サムスンは製品価格をドル建てとしているため、ユーロ下落で、欧州のエレクトロニクス需要が冷え込む可能性がある」と述べている。  欧州での需要減退やユーロ安に苦しむのは、ソニー<6758.T>やパナソニック<6752.T>など日本のライバル企業にとっても同じ。サムスンの牙城を崩すという期待にはつながっていない。むしろ「通貨ベースで比べれば円高の度合いの方がウォン高よりも強い。シェアという意味では奪われる可能性がある。現状では日本企業にとって品質や技術力といった優位性を上回って、通貨高の悪影響の方が大きくなっているようだ」(インベストラスト代表取締役の福永博之氏)と、日本企業の方が心配されるような状態だ。  多くのハイテク企業の想定為替レートは対ユーロで120円から125円程度。110円台付近で推移する現状の円高水準では、日本企業のシェアダウンや為替差損が懸念されており、業績堅調が予想されながらも上値が重い株価の要因になっている。
(ロイター日本語ニュース 伊賀 大記記者;編集 田巻 一彦)

本日NKは昨日のNYを受けて上昇しましたが出来高はそれほどの盛り上がりはありません。
市場の見方としては 買い戻し の域 とのこと。
あすたはSQ アノマリー的にはSQ値を超えれるかが焦点かな?
と言いつつ今日のNY次第なんでしょうけどぉ~。

とにかく寝てお肌の調子を整えねば…。[音楽]お経ラップでも聴きながら…。

ブログパーツ
byできるじゃん

[黒ハート][黒ハート]宜しく御願いいたします。おじぎm(_ _)m[黒ハート][黒ハート]
にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 株式、株式投資、株取引へ
株式、株式投資、株取引

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。